会社紹介

当社は、アルミ製品や金属シリコン及び合金鉄など、各種工業向け金属原料を主に
取り扱っております。

また、高融点金属の加工品販売や貴金属業界向けにジュエリーパーツの輸入販売も
手掛けております。

高純度、高付加価値のケミカル用途製品を幅広く取り揃え、
電子部品業界向けには、化合物半導体材料や無機化学品を長年供給しております。

近年では有機薬品、医薬中間体、化粧品やヘルスケア原料、バイオマスエネルギー、
ライフサイエンス分野の取り扱いも開始しました。

会社概要

社          名セルマーク・ジャパン株式会社
所   在   地東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー7階
設       立1967年1月5日
資   本   金6億円
株   主   名CellMark AB
役       員代表取締役:坂本勝
 取締役:クリステル・シムレン
                ピーター・カースバーグ
 監査役:J.Yリュウ
取引銀行三菱UFJ銀行、みずほ銀行
売   上   高30億円(2018年度)

沿革

1967年
 仏ユジーヌ・クールマン社の日本法人、日本フランコロール(株)として設立
1973年
 フランスでの産業再編に伴い、ペシネー社と合併し、
 ペシネー・ユジーヌ・クールマン・ジャポン(株)となる
1982年
 ペシネー・ユジーヌ・クールマン社がフランス国営企業となり、
 組織の整理統合を進める
1984年
 ペシネー・ユジーヌ・クールマン・ジャポン(株)は化学部門を分離、
 ペシネー・ジャポン(株)となる
1994年
 仏ペシネー社が仏ミネメット社を買収
1995年
 仏ペシネー社が民営化される
2003年
 仏ペシネー社を加アルキャン社が約5,600億円相当で買収
2004年
 社名をアルキャン・インターナショナル・ネットワーク・ジャパン(株)に改める
2007年
 加アルキャン社を英豪リオ・ティント社が約4兆6500億円相当で買収、
 AEP (Alcan Engineered Products) 部門の日本事務所となる
2010年
 英豪リオ・ティント社がAEP部門を売却
2011年
 スウェーデンのセルマーク社がアルキャン・インターナショナル・
 ネットワーク・グループを買収
2012年
 社名をセルマーク・ジャパン(株)に改める
2017年
 日本法人設立50周年を迎える

社会貢献活動

2001年CellMarkが主体となり、世界中の恵まれない子どもだちに教育機会を与えるために、PaperSeed財団が設立されました。
セルマーク・ジャパンは、PaperSeed日本支部として、国内において、
恵まれない子どもたちのための教育支援活動を行っております。